インテリアの一種であるLEDタイプの照明

Interior Cafe

装飾

sousyoku

インテリアとは、室内を装飾するものです。
そのため、利便性より見た目を重視した物が非常に多くなっています。
インテリアに含まれるものは、カーテンやカーペット、家具や照明器具等様々です。
しかし、インテリアというものは基準がとても曖昧になっています。
広義的な意味であれば、家電等も含まれますが一般的には家電をインテリアとは呼びません。
何故なら、家電は装飾性より機能性を重視したものだからです。

光の加減というのは、人間の精神状態を大きく変えるものであると近年では言われています。
例えば、部屋全体が青の部屋であったり部屋全体が赤の部屋であった場合、それぞれの部屋で脳波が大きく違っていました。
このような研究結果が出たため、最近では照明器具を使う家庭が多くなっています。
また、2010年以降は新たな照明器具としてLED照明が登場しました。
このLEDと呼ばれるものは、消費電力を大きく抑えることが出来るので非常に人気となっています。

欧米式

oubeishiki

日本の産業で、インテリアが取り上げられるようになったのは戦後以降のことです。
戦後以降に、日本の住宅は欧米化が進んだため注目され始めました。
また、高度経済成長期を迎えて中流層が裕福になったことも原因の1つです。
生活環境の向上、個性の主張等、生活を豊かにするためにインテリアは一般家庭に多く普及していったのです。
また、最近では家をリフォームした際にオススメのインテリアを紹介する等、提案型と呼ばれる販売も行なっています。